出し入れの多い書類保管に頭を悩ましています

年明け早々ざわつくニュースが多かったですね。
もう年明けからずいぶんたった気もしますがまだ1月です。
まあ気づくとあっという間に一年が終わってしまいますから、
そのようなことにならないように気合いを入れようと思います。
さて、最近は文化財保護のことよりも書類保管のことで頭がいっぱいです。
というのも書類の入った段ボールで大掃除でたくさん出てきたのですが、
まだ処分できないのです。
出し入れも結構あるので上手く、安く保管する方法を探しています。

いつもは旦那様が買ってきてくれるカラコン、韓国で自分で買えるのが楽しみです♪

以前ニュースを騒がせていた韓国の仏像盗難問題はどうなったんでしょう。
ニュースって案外その後の経過まで報道することがないから、
結果が分からない事が多いです。
戦時中ってどの国でも文化財の盗難や盗掘といった事は多くあったのでしょうけれど、
どの国にあっても現在大事にされていれば良いなと思います。
何故いきなり韓国の話になったのかというと、来週から旦那様の出張先に遊びに行くのです♪
愛用のカラコンを韓国でたくさん買って帰ってきます♪

立川市の鍵屋さんで文化財に出会う

立川市に仕事で行ったとき、昼休みに散策していたら鍵屋さんを発見。
ちょうど合いカギを作りたかったのでランチの間に作ってもらおうと行ってみました。
この立川市の鍵屋さんですが、ご主人がカメラを趣味にしているようで、
立川市の指定文化財をおさめた写真を店内に飾ってあったんです。
興味がわいたのでいろいろお話をうかがっているうちに合いカギも完成。
結局駅前の立ち食いそばでランチと相成りました。
写真見たい方はお店紹介します。

パーテーションレンタルで保護する

文化財保護のために、とある史跡を動かすことにしたのですが、
移動させるために一時見張りを置くことにしたのですが、
人出が足りないためパーテーションレンタルで補強することになったんです。
こうすることで少ない人数配置ですむことになり、スムーズな移動が可能になりました。
ちょっとしたアイデアですが、意外とレンタル品って安く借りられるし、
保管しなくていいので便利です。
特殊なものはまずレンタルを検討するのが良いと思いますよ。

武蔵小杉の賃貸マンションを使って

賃貸マンションというと住居として使うという制約があるところが多いと思いますが、
親戚が伝統工芸品を扱う店舗とアトリエを同時にオープンする予定の場所は
武蔵小杉の賃貸マンションの一室。
なんでもマンションのオーナーさんが伝統工芸の職人さんだそうで、
マンションの部屋の中にはオーナーが使用していたアトリエが併設されているとことがあるそうで、
そういった珍しいご縁があり、人気の土地での開業となったそう。

機械遺産、自動販売機設置。

先日テレビを見ていると、聞きなれない言葉が登場しました「機械遺産」。
「世界遺産」「文化遺産」などは有名ですが、その「機械」版といったところのようで、
現在の活用さている技術の源流となるモデルに送られることが多いようで、
すこし眺めてみると歯車などもちらほらと。
とはいえ、ジェットエンジンがあったり、ブルドーザーがあったりと
一概に古い新しいとも言えないラインナップ。
機械遺産は、日本の財団が行っていることなので世界のものがないですが、
是非世界版も見たいものです。
初期の自動販売機設置ものなど見てみたい気がします。

給湯器そのものがなくなったら、百年後には。

ISが各地の文化財を破壊し世界に震撼を与えていますが、
これほど文化財を守ることが難しいということがわかることは今までなかったでしょう。
想像に対してはクラッシュアンドビルドの考えがよく出されますが、
人間の寿命は精々100年。
仮に現存する建築を全て破壊した場合。
百年後の建築家は写真で過去の建築を見ることはできますが、
肌で触れることはできず過去の建築の概念を超越することはできないでしょう。
建築に限らず給湯器程度でもそうです。
給湯器そのものがなくなったら、百年後に給湯器は作れないでしょう。
破壊することは簡単です。
しかし、なんの為に残されていたか、考えなければならないはずです。

貸しスペースを渋谷で探す

友人から頼まれて渋谷近辺で貸しスペースを探しています。
友人はワイナリーを経営し、ソムリエでもあるのですが、
ワイン講座を都内で開きたいらしいのです。
キッチンスタジオも探しているのですが、
都内の知人がワインに合うものをケータリングサービスで手配できるそうなので、
飲み食いが可能な場所がお題。
意外と少ないもので、渋谷区から少し範囲を広げて探しているところです。
お心当たりがありましたら是非教えてくださいませ。

古物市場に盗品が?

先日のニュースである神社から宝物やご本尊が盗まれ、
古物市場で発見されたという事件がありました。
買い取り会社で怪しいと感じ、機転を利かせて通報したところ
査定中に見事逮捕につながったそうです。
さすがにこういった盗品が古物市場に出回ることはめったにないとは思いますが、
よくあるブランド品は本物なら盗品かどうかはわかりませんから。
意外と盗品が出回っているかもしれませんね。
安く買えるのはいいのですが、泥棒の片棒を担ぐようでいい気持ちはしませんね。

パチンコの販促を見るにつけ

たいがいの駅前にはパチンコ店があることが多いのですが、
あのパチンコの販促物ってどこも同じということはないんですね。
ずいぶん派手だな、と見て回ったところ、どうやら店舗ごとに制作している様子。
たとえば文化財の保護に関しては「文化財保護法」などや協会があるのですが、
パチンコ店もそういった協会はあるのでしょうね。
全体の統制はどのように取っているのか、と派手なのぼりを見るにつけ思うわけです。
パチンコが文化財として保護されることはないとは思うのですけどね。