杉並区の注文住宅に感動

杉並区に注文住宅を建てた友人家は友人の両親とも仲が良く、
家族ぐるみのお付き合いです。
自分の家は越したのですが、友人は小さいころからずっと杉並区民で、
杉並愛が半端ないです。
ご両親とも役所にお勤めで杉並区の自然や文化財の保護に尽力されていて、
文化財保護への興味も、友人のご両親から話を聞いて芽生えた感じです。
また、この注文住宅というのが杉並愛?に溢れた、
とても過ごしやすいお宅で、最近は入り浸っています(笑)。

遺跡発掘バイト仲間とサーフィンスクールに行ってきた

先日、遺跡発掘バイト仲間とサーフィンスクールに行ってきた。
テレビでよく見るサーフィンはボードの上に立ち、波の斜面を横に滑っていくというスポーツだ。
サーフィン人口も多いらしく、10代の子どもから60代の高齢者までが行っているスポーツだと
聞いていたので簡単なものだと思っていた。
しかし実際にやってみると、ボードの上に満足に立つことすらできない。
不規則に動く波の上でバランスをとるのは、とても難しいのだ。
何度か繰り返すうちに、『波の上に立つ』という感覚がつかめてきて、
5回目でようやく波の上に立てた。
普段の生活では味わうことができない疾走感に感動した。
いつもは遺跡発掘という文化財保護の仕事に携わっているが、
今後はきれいな海を保つために自然保護にも力を入れようと思った。

水道修理屋さんの求人ページから

子どもの頃、氷点下が続いたことが原因で、ある朝、水道管が破裂して漏水してしまいました。
水道修理屋さんに修理の依頼をしたら、すぐに駆けつけてくださり、
特殊な工具を使ってすぐに修理をしてくれました。
その手際の良さや、水道管の仕組みをしっかり把握していることに尊敬の念を抱きました。
高校は工業高校に通っていたので、卒業後は手に職をつける仕事につきたいと思い、
高校の就職課へ相談に行ったところ、水道修理屋の求人ページの横に
文化財を修復する求人がありました。
昔から日本の古い寺巡りをするのが好きだったので、
水道修理よりも文化財修復の方に目がいってしまい、
結局、文化財を修復する会社の求人票を貰い、応募することに決めました。

お城や古墳などの外トイレってつまってない!?

文化財の外トイレってつまっていることが多いと思いませんか。
私は趣味でいろいろお城などの文化財を見に行きますが、
外トイレはいざ水を流そうとすると冬は凍って水が流れなかったり、
便器に氷が張っていてここで用を足しても良いか迷うことがあります。
また、旧式のトイレも多くこの時代に和式だけと憤ることもあります。
そのうえ掃除が頻繁に行われておらず、悪臭やトイレつまりが発生していることもよくあります。
最近訪れた外国人観光客が多い名所の外トイレでは、
他人の大きい物でトイレつまりをしていることを見たことがあり、
その時はショックを受けました。
お城や古墳の周りでは、大規模な工事ができないため、
トイレなどを新設することは難しいかもしれませんが、
もう少しメンテナンスをして欲しいとよく感じています。

出し入れの多い書類保管に頭を悩ましています

年明け早々ざわつくニュースが多かったですね。
もう年明けからずいぶんたった気もしますがまだ1月です。
まあ気づくとあっという間に一年が終わってしまいますから、
そのようなことにならないように気合いを入れようと思います。
さて、最近は文化財保護のことよりも書類保管のことで頭がいっぱいです。
というのも書類の入った段ボールで大掃除でたくさん出てきたのですが、
まだ処分できないのです。
出し入れも結構あるので上手く、安く保管する方法を探しています。

いつもは旦那様が買ってきてくれるカラコン、韓国で自分で買えるのが楽しみです♪

以前ニュースを騒がせていた韓国の仏像盗難問題はどうなったんでしょう。
ニュースって案外その後の経過まで報道することがないから、
結果が分からない事が多いです。
戦時中ってどの国でも文化財の盗難や盗掘といった事は多くあったのでしょうけれど、
どの国にあっても現在大事にされていれば良いなと思います。
何故いきなり韓国の話になったのかというと、来週から旦那様の出張先に遊びに行くのです♪
愛用のカラコンを韓国でたくさん買って帰ってきます♪

立川市の鍵屋さんで文化財に出会う

立川市に仕事で行ったとき、昼休みに散策していたら鍵屋さんを発見。
ちょうど合いカギを作りたかったのでランチの間に作ってもらおうと行ってみました。
この立川市の鍵屋さんですが、ご主人がカメラを趣味にしているようで、
立川市の指定文化財をおさめた写真を店内に飾ってあったんです。
興味がわいたのでいろいろお話をうかがっているうちに合いカギも完成。
結局駅前の立ち食いそばでランチと相成りました。
写真見たい方はお店紹介します。

パーテーションレンタルで保護する

文化財保護のために、とある史跡を動かすことにしたのですが、
移動させるために一時見張りを置くことにしたのですが、
人出が足りないためパーテーションレンタルで補強することになったんです。
こうすることで少ない人数配置ですむことになり、スムーズな移動が可能になりました。
ちょっとしたアイデアですが、意外とレンタル品って安く借りられるし、
保管しなくていいので便利です。
特殊なものはまずレンタルを検討するのが良いと思いますよ。

武蔵小杉の賃貸マンションを使って

賃貸マンションというと住居として使うという制約があるところが多いと思いますが、
親戚が伝統工芸品を扱う店舗とアトリエを同時にオープンする予定の場所は
武蔵小杉の賃貸マンションの一室。
なんでもマンションのオーナーさんが伝統工芸の職人さんだそうで、
マンションの部屋の中にはオーナーが使用していたアトリエが併設されているとことがあるそうで、
そういった珍しいご縁があり、人気の土地での開業となったそう。

機械遺産、自動販売機設置。

先日テレビを見ていると、聞きなれない言葉が登場しました「機械遺産」。
「世界遺産」「文化遺産」などは有名ですが、その「機械」版といったところのようで、
現在の活用さている技術の源流となるモデルに送られることが多いようで、
すこし眺めてみると歯車などもちらほらと。
とはいえ、ジェットエンジンがあったり、ブルドーザーがあったりと
一概に古い新しいとも言えないラインナップ。
機械遺産は、日本の財団が行っていることなので世界のものがないですが、
是非世界版も見たいものです。
初期の自動販売機設置ものなど見てみたい気がします。

給湯器そのものがなくなったら、百年後には。

ISが各地の文化財を破壊し世界に震撼を与えていますが、
これほど文化財を守ることが難しいということがわかることは今までなかったでしょう。
想像に対してはクラッシュアンドビルドの考えがよく出されますが、
人間の寿命は精々100年。
仮に現存する建築を全て破壊した場合。
百年後の建築家は写真で過去の建築を見ることはできますが、
肌で触れることはできず過去の建築の概念を超越することはできないでしょう。
建築に限らず給湯器程度でもそうです。
給湯器そのものがなくなったら、百年後に給湯器は作れないでしょう。
破壊することは簡単です。
しかし、なんの為に残されていたか、考えなければならないはずです。

貸しスペースを渋谷で探す

友人から頼まれて渋谷近辺で貸しスペースを探しています。
友人はワイナリーを経営し、ソムリエでもあるのですが、
ワイン講座を都内で開きたいらしいのです。
キッチンスタジオも探しているのですが、
都内の知人がワインに合うものをケータリングサービスで手配できるそうなので、
飲み食いが可能な場所がお題。
意外と少ないもので、渋谷区から少し範囲を広げて探しているところです。
お心当たりがありましたら是非教えてくださいませ。

古物市場に盗品が?

先日のニュースである神社から宝物やご本尊が盗まれ、
古物市場で発見されたという事件がありました。
買い取り会社で怪しいと感じ、機転を利かせて通報したところ
査定中に見事逮捕につながったそうです。
さすがにこういった盗品が古物市場に出回ることはめったにないとは思いますが、
よくあるブランド品は本物なら盗品かどうかはわかりませんから。
意外と盗品が出回っているかもしれませんね。
安く買えるのはいいのですが、泥棒の片棒を担ぐようでいい気持ちはしませんね。

パチンコの販促を見るにつけ

たいがいの駅前にはパチンコ店があることが多いのですが、
あのパチンコの販促物ってどこも同じということはないんですね。
ずいぶん派手だな、と見て回ったところ、どうやら店舗ごとに制作している様子。
たとえば文化財の保護に関しては「文化財保護法」などや協会があるのですが、
パチンコ店もそういった協会はあるのでしょうね。
全体の統制はどのように取っているのか、と派手なのぼりを見るにつけ思うわけです。
パチンコが文化財として保護されることはないとは思うのですけどね。